【見本あり】誠意ある反省文・始末書の書き方

【見本あり】誠意ある反省文・始末書の書き方

手紙、履歴書、感想文、ビジネス文章、香典などの書き方やマナーなど、日常・ビジネスで使う様々な書類の書き方を解説しているサイトです。行事や季節別などの用途に応じた書き方からも検索可能です。
「【見本あり】誠意ある反省文・始末書の書き方」は、下記をご参考くださいませ。

反省文とは、業務などにおいて過失や規程違反を犯した人が、事実関係を明らかにするとともに謝罪し、再発させないことをいいます。
大まかな流れとして、過失などを起こした発生した経緯、原因と理由、謝罪や反省、再発予防策などの流れを書きます。
ビジネスでは、始末書・顛末書となり、学生の場合反省文というものになります。
書き手は、まず自分の非を認めます。
発生した経緯をしっかり書きます。
弁解では、謝罪の気持ちが伝わらないため、素直に非を認め、相手側に誠意を伝えることが大切です。
次に、二度と同じ過ちを繰り返さないことを書き、過失を起こさないために何を行うかなどの対策法を具体的に書きます。
また、相手側に反省を伝え、失った信頼を取り戻すと言う旨を伝えます。反省文は、相手側に自分が反省しているために書くものですので、反省していると言う誠意を伝えるのが重要なため、謝罪の気持ちをしっかりと伝える書き方をするのが大切です。

0074.zip (6985ダウンロード)

このページの先頭へ