【見本あり】議事録の書き方

【見本あり】議事録の書き方

手紙、履歴書、感想文、ビジネス文章、香典などの書き方やマナーなど、日常・ビジネスで使う様々な書類の書き方を解説しているサイトです。行事や季節別などの用途に応じた書き方からも検索可能です。
「【見本あり】議事録の書き方」は、下記をご参考くださいませ。

議事録は会議の場で必ず必要となるものです。
これはその会議に出なかった人でも、その会議の内容がわかるように記録を取ることが求められますがこれを記述することを苦手としている人は決して少なくないのです。
その議事録の書き方についての記述をします。
会議が行われている時に書き上げることができれば、それが1番理想的ですがそれができない場合もあります。
よってレコーダーの持ち込みが許されている際には、レコーダーで録音をすると後々も安心です。
まずは会議の名称や開始と終了の日時、開催場所と参加者の氏名を記入します。
その後は、誰が何をどのようにすのかということを基本に書き進めていきます。
その際なぜそのような結論となったのか、そしていつまでに行うのかということを記述していくとその経緯を振り返ることができ、更にわかりやすい記録となります。
慣れていないときにはどこが重要なのか判断がつきにくいこともありますが、そのような時には会議の目的を意識することが大切です。

0091.zip (3956ダウンロード)

このページの先頭へ