【見本あり】企画書の書き方について

【見本あり】企画書の書き方について

手紙、履歴書、感想文、ビジネス文章、香典などの書き方やマナーなど、日常・ビジネスで使う様々な書類の書き方を解説しているサイトです。行事や季節別などの用途に応じた書き方からも検索可能です。
「【見本あり】企画書の書き方について」は、下記をご参考くださいませ。

現状の改善や新しいアイデアなどを持っていても、それを形にして表現しないかぎりは誰も認めてくないのが現状です。
そのようなアイデアを企画書にして会社や社員に表現する必要があります。上手く表現出来れば会社や同僚からの自分に対する評価が変わってくるのです。【企画書の書き方】書き方の基本としては、企画書は提出される相手側の立場になって作成すると伝わりやすくなります。
次に構成です。構成は確認や目的、プロセスの設計や実施計画などをしっかりと作って、内容に厚みを持たせることが大事です。
次にデザインを考えることです。
企画書は見た目も大事です。見出しの整理やレイアウトの工夫など、分かりやすくを心掛けて作成します。
図やグラフを使って視覚的に訴えることも必要です。
最後の仕上げは、チェックです。誤字脱字がないか、計算ミスや数字の記載ミスなどをチェックします。
自分だけではなく第三者にも確認してもらう事でもミスを見つけやすくなります。

0047.zip (3014ダウンロード)

このページの先頭へ