【見本あり】相手にとって失礼がなく分かりやすい依頼書の書き方

【見本あり】相手にとって失礼がなく分かりやすい依頼書の書き方

手紙、履歴書、感想文、ビジネス文章、香典などの書き方やマナーなど、日常・ビジネスで使う様々な書類の書き方を解説しているサイトです。行事や季節別などの用途に応じた書き方からも検索可能です。
「【見本あり】相手にとって失礼がなく分かりやすい依頼書の書き方」は、下記をご参考くださいませ。

仕事の上で相手に何かを依頼するときには、依頼書を作成することがあります。
特に取引先などの社外の相手に依頼をするときには、相手にとって失礼のないように、それでいて分かりやすい依頼者を書く必要があります。
まず、失礼があっては依頼を受けてもらうことができません。
そして、相手が理解してもらえなければ、依頼を受けてもらうこともできませんので、わかりやすい依頼書が必要になるのです。
まずは、この2点を念頭において依頼書を書くことが書き方の基本となります。
失礼のない文書については、様々な例文があります。
形式、定型文などを活用して失礼のない文章が作成できます。
では、分かりやすい文書はどうでしょうか。分かりやすい文書を書くためには、まず要点を絞ることが大事です。
そして、その要点を相手に理解されやすいように書くのです。
よく、「自分の母親に言って聞かせることを考えて書くとよい」などと言われます。
そのように相手の立場に立って文書を作成すれば、分かりやすい文書を書くことができます。

0044.zip (3149ダウンロード)

このページの先頭へ